サラ金のカード貸付考査は意外に厳しかった…!

今から6階級ほど前にキャッシングをする結果サラ金関わりカード分割払いを契約したことがあります。また、過去の銀行系カード分割払いも契約したことがありますが双方を比べて見た結果、感じたことを言い出したいと思います。ズバリ、サラ金関わりカード分割払いによるキャッシングは裁定は銀行に比べ短時間ではあるものの、融資賃金は圧倒的に少ないと感じました。銀行系カード分割払いの場合、100万円近かったもののサラ金の場合は50万円でした。

その誤差を当時はわからなかったものの、今では銀行法と貸金業法の違いによるものだと理解していらっしゃる。サラ金のキャッシングは成約しし易いものの、貸金業法に決める総量条件により欲融資金額が難しいと理解しました。また、利息も金利条件法の15%以内ではあるものの、銀行系カード分割払いに比べ激しく、過払い財産も発生しました。今後は、サラ金のキャッシングが可能なサービスは利用しないと考えています。