キャッシングの利息はカード会社や利用限度額によって異なる。

多くの消費者金融が適用している最大利率は18パーセントです。この利率は利用限度額が増加すると下がっていきます。

その他にもカード会社によって利率は変わってきます。

利率が低いのは銀行系のカードローンで、14パーセントのところが多いですが、審査に関しては消費者金融よりも厳しいのが現状です。

気を付けなければならないのが、支払いを滞納してしまうことです。

この場合には、延滞利息が発生し消費者金融では20パーセントの利率を適用しているところがほとんどです。ちなみにこの20パーセントという利率は、法律で認められた最大利率です。

利息は少しでも安い方が良いに決まっています。

そのためには、銀行系のカードローンを作るか利用限度額を増加させる方法があります。

カード会社は、優良な客に対しては積極的に利用限度額増加の案内をしてきます。